PHPは、一般的に初心者でも習得しやすいプログラミング言語だと言われています。変数の型定義を明確に行わなくても柔軟にデータを扱えるため、C++やJavaのような言語と比べて初心者でも容易にプログラムが書けるからです。また、HTMLを理解している人ならば、PHPの構文をHTMLタグのように挿入して、すぐに動作を確認することができます。さらに、ほとんどのレンタルサーバーがPHPをサポートしており、開発環境が簡単に手に入れられるのも理由の1つです。一方、文法が柔軟であることから、プログラムに間違いがあったときは気づきにくいという面もあります。本格的なプログラムを開発するには、文法の柔軟さに頼らない正確なプログラムを書くスキルが必要です。

PHPは、CやC++、Javaなどの影響を受けて進化してきました。PHPをある程度使いこなせるようになったら、これらの言語についても勉強してみると、PHPへの理解がより深まるでしょう。実際にPHPの上級者は、スクリプト言語以外のプログラミング言語をすでに経験していることが多いです。PHPは、Web開発でよく使われています。LinuxやWebサーバーの知識も合わせて勉強しておくと、PHPで開発できるプログラムの幅も広がるでしょう。PHPの入門ハードルは低いですが、まったくのプログラミング初心者にとっては、本格的に習得することは簡単ではありません。応用範囲が広い言語なので、他の言語や周辺技術と共に学ぶことで上達を目指すといいです。また、他の言語を習得しておけば、携われるPHPの仕事の幅も広がるでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2022 PHP漬けの毎日. All Rights Reserved