新車選びで悩まないために

新車を買う場合、どう選んでいいのかと悩んでしまうものです。
賢い新車の買い方としては、まずはどのメーカーにするかということからはじまります。
日本人は初めて買った車と同じメーカーをずっと選び続ける傾向があります。同じメーカーを選び続けることは安心感もありますし、メーカーの人との信頼関係もできているでしょうから悪いことではありません。
しかし、勇気をもって他のメーカーの車に乗ってみると、より自分の好みの車だったなど新しい発見があったりもします。
ですからメーカー選びは慎重に決めるべきでしょう。車は簡単に買い換えることはできないからです。

 

 

マーケットシェアを上手に活用するのもいいですよ

車は常に新車を購入するという人の場合、有名メーカーの車を交互に購入するというのも賢い買い方といえます。
これは、他社から乗り換えてくれる人を優遇するサービスがあるためです。携帯電話会社でも他社からの乗り換えで優遇されたりしますよね。車でも下取り価格やその他サービスを優遇してもらえる可能性があるのです。
マーケットシェアを重視しているホンダと三菱の営業マンは、他社の車に乗っていた人を自社の車に乗り換えてもらえるように商談をまとめると報奨金が出たりすることもあるので、よりよりサービスを受けやすいでしょう。
しかし、これは日産とトヨタという2大メーカーで通用するものです。ホンダなどでは独自の販売戦略があるため通用しませんので注意が必要です。

 

 

三菱重工ファンは根強い

昨今、車はメーカーごとの個性があまりなくなってきました。しかし、それでもスバル(富士重工)しか乗らないというスバルファンは根強くいます。
スバルの個性でもある水平対向エンジンが好きな人が多いと思われます。
こだわりがあってひとつにメーカーを利用し続けるというのも、悪いことではありません。乗っている本人が納得しているのですから。

 

メーカーにこだわりがなかったとしても、新車を買って乗りつぶすつもりでいるのなら、どんなメーカーのどんな車でも最後までしっかり乗ってあげればいいのです。
しかし、新車を買って乗り潰すのなら、損得だけでいうのならが三菱はオススメです。トヨタのランクが上の車種と同じグレードの車を、三菱ならランクが下の値段で買えるためです。トヨタで230万円する車が、三菱なら200万円で買えるということです。同じグレードの車が安く買えるというのはとてもお得ですよね。

 

 

中古車と迷ったらどうする?

もちろん新車が欲しい!でも値段が高くて手が出ない。
そういう時は中古車市場に自分の希望の車があるかどうかですよね。
もし年数やキロ数が浅いものがあれば、しめたものです。
事故歴・修復歴がなければ買いでしょう。

 

中古車と新車の一番の違いは、その車をいつまで乗るかということ。
乗りつぶす予定なら中古車でも全く問題ありませんが、途中で乗り換えたいというなら新車を買ったほうがいいでしょう。
なぜなら、ワンオーナー車とそれ以外はまた買取価格に差が出てくるからです。

 

このように車を買う時は、その車を処分する際まで考えて購入するのが賢い選択だといえます。
このサイトでは、主に購入のことについて記述していきますが、車の買取についてはこちらのサイトメインで紹介しています。

 

→車売るならどこがいい?

 

高く買い取ってもらうための小技・大技、やっても意味のない努力、売却手法は、買取業者の選び方など自動車査定に関する様々な情報を掲載しています。
まだ買ってもないのに、売る話かよ!と思われるかもしれませんが、興味のある方は一度御覧ください。

 

更新履歴