エンジニアにとって重要なのは、将来性と言えるでしょう。日々変化が激しいIT業界を生き抜くには、長く使えるプログラミング言語をマスターするのがおすすめです。その中でも、PHPは最も需要のある言語で、Web開発の現場で多く使われています。主に、Webアプリケーションを構築する際に使用するのが特徴で、お問い合わせフォームや検索機能を開発することが可能です。ユーザーが使いやすいようなサイトを作ることが、PHPの役割と言えます。PHPは、古くから使われている言語で、世界的にも利用者が多く利便性の高さも売りです。習得をしておけば日本だけではなく、海外でも活躍できるため検討してみるといいでしょう。

また、PHPは人気サービスのWordPressの開発にも使われています。ブログを作成するツールとして人気のあるWordPressは、世界の4分の1のサイトで使われているほど人気です。このWordPressの機能を拡張するときにも、PHPを使えます。たとえば、オンラインショップでは、商品の決済から商品管理機能までを開発することが可能です。その他、社内管理システム全般や、ファイル操作に関する画像ファイルの生成からログファイルの作成まで使われています。APIとの連動もでき、Web開発の現場においてはスタンダードなものでしょう。一度習得をしておくと、このように多くの現場で活躍できるのがPHPのメリットです。サンプルコードが多いため情報収集を行いやすく、加えてシェア率の高さからも将来性を感じられます。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 PHP漬けの毎日. All Rights Reserved